toggle
2016-10-04

学習編|リノベーションって作るの?買うの?

Pocket
LINEで送る

リノベーション物件ってそもそもなんだろう?
既に完成したものもあれば、これから自分たちで作るものもありますよね。

ズバリ今日のテーマは「リノベーションって何?」。
story04
簡単に言うと、リフォームは老朽化したところを新築の状態に戻すことを指しリノベーションは既にあるものを自分たちが住みやすいように工事をし、性能を向上させたり、付加価値を付けたりすることを言います。つまり、リノベーションは住宅の新しい、古いでするのではなく、自分たちのライフスタイルをよりよくするためにします。工事をした結果、使いにくかったら、本末転倒ですよね?

さて、話は戻りますが、既に完成したものもあれば、これから自分たちで作るものもあるリノベーション。既に完成したものは、不動産価値を上げるために大家さんがリノベーションを行い、現代にあった間取りにしている物件や、物件の持ち主が住んでいるときにリノベーションを行い、賃貸として出していることがあります。「リノベーション物件」と書かれているのを見たことがあるのではないでしょうか。
リノベ 今泉 つくらし
自分たちで作るとき、まずは物件購入+リノベーション工事費=総予算を決め、自分たちの生活にあった物件を探します。そして、設計会社さんと打ち合わせを重ね、自分たちのライフスタイルに合わせた、間取りを作りって行きます。

リノベーションは必ずしも、古いものを新しくするだけではないということ。生活をより良いものにするためにリノベーションを行うこと、デザインだけが一人歩きをしないこと。打ち合わせの時に思い出していただければと思います。

Pocket
LINEで送る

関連記事