toggle


ワタシの夢を叶えるはじまりの場所

もっと自分のアーティストとしての道を極めたい。
そんな思いで独立して、まずは自宅ですることにした。
いつだってそのことを考えていたいし、時間があれば手を動かして、スキルをアップもしたい。
頭の中はそのことでいっぱい。

 

+ちょこっとスペース、
この広さがちょうどいい。

小さい頃から手芸が得意で、みんなには内緒で作家として活動している。休日は、ダイニングテーブルを占領して、ビーズや布を広げ、ひたすらミシンを動かしている。平日は働いているので、できるのは夜か休日のみ。毎回、広げては片付けを繰り返しているけど。。。正直、作っている途中で片付けるのは嫌。広げっぱなしにしたい!部屋がいくつもあるより、広い部屋がある方がいいなと思っていた。この部屋なら、ちょこっとしたスペースが付いているので、ちょうどいい大きさだ。片手間に、部屋の隅っこにあるこのスペースで作業ができるのは、女性として嬉しい。

 

女性のためのプライベート空間。

ずっと憧れだったネイリストになって、7年目。結婚を期に仕事を辞めたけど、また仕事がしたいと思い、個人での開業を目指し、物件を探していた。でもそこまでお金もかけられないし、なかなか見つからない。まずは、自宅でサロンを始めようと思い、この物件と出会った。ここなら、プライベートサロンのように使えるし、寝室は全く見えないから、上手に使い分けができそう。壁の色も家っぽくなくて、おしゃれ。それに一人の時は家事をしながら、練習もできるから、時間とワークバランスも上手くいきそう。まずは友達を呼んで、ちょっとはじめてみようかな。

 

極める私にぴったり。
風を感じながら、趣味を楽しむ。

平日は企業に勤める傍ら、アーティスト(芸術家)としても活動をしている。個展を開いたり、たまに人に教えたり。場所を借りてするのもいいけど、自分が好きな場所で、リラックスしながら作りたい。そう、例えば自宅とか。でも、狭い部屋にこもるのは嫌だしなーと思っていた時に、この部屋と出会った。リビング、ダイニング、そしてフリースペースまでの開放感。区切られているようで、区切られていない空間の広がりが気に入った。自然の光も入ってくるし、照明もダクトレールで調節できるので、光の調節もできる。まさに制作にピッタリなお部屋だ。